コロナウイルスについての事実

公開済み: October 2020; 共有する: Twitter / Facebook
言語CN, CZ, DE, EN, EO, ES, FR, GR, HE, HU, IT, KO, MS, NL, JP, PL, PT, RO, RU, SE, TR

現実的なリスク評価をするのに役立たせるために、分野の専門家たちによって提供されたコロナウイルスについての十分に参照された事実

「ペストと戦うための唯一の手段は正直であること」アルベール カミュ、ペスト(1947)

概要

  1. 致死率です。最新の免疫学的研究によると、コビド-19の一般集団における全感染致死率(IFR)は、ほとんどの国で0.1~0.5%程度であり、1957年及び1968年の中規模インフルエンザパンデミックに匹敵する。
  2. 治療を行う。リスクの高い人や曝露量の多い人では、病気の進行を防ぎ、入院を回避するために早期又は予防的な治療が不可欠である。
  3. 年齢プロフィール。コビド-19の死亡者の年齢中央値はほとんどの国で80歳以上であり、死亡者のうち重篤な前駆症状がなかったのは約5%にすぎない。パンデミックインフルエンザとは対照的に、コビド-19死亡の年齢とリスクプロファイルは、このように通常の死亡率に匹敵し、比例して増加します。
  4. 老人ホーム。多くの欧米諸国では、Covid-19による死亡者のうち最大で3分の2が老人ホームで発生しており、対象を絞った人道的な保護が必要です。入所者が本当にコビド19で死亡したのか、数週間のストレスと隔離が原因で死亡したのか、はっきりしないケースもあります。
  5. 過剰な死亡率。追加死亡のうち最大30%がコビド-19によるものではなくロックダウン、パニック、恐怖の影響によるものである可能性がある。例えば、多くの患者が病院に行く勇気がなくなったため、心臓発作や脳卒中の治療が最大40%も減少した。
  6. 抗体です。2020年夏までに、ニューヨークやベルガモなどの世界的なホットスポットでは、約25%の抗体レベルに達していました。マドリッド、ロンドン、ストックホルムなどの大都市は約15%でした。しかし、ヨーロッパや米国の大部分はまだ5%を下回っています。
  7. 症状。感染者の最大40%は症状がなく、約80%はせいぜい軽度、約95%はせいぜい中等度の症状を示し、入院を必要としない。新型コロナウイルスには免疫がないという当初の想定は間違っていました。
  8. ロングコビド。症状のある人の約10%が、数週間から数ヶ月間症状が続く「長期コビド19」を報告しています。これは、免疫反応が強い若年者や以前に健康だった人にも影響を与えます。ポストウイルス症候群は、重症インフルエンザからも知られています。
  9. 感染。現在の知見によると、ウイルスの主な感染経路は、屋内のエアロゾルと、話したり咳をしたりしたときにできる飛沫ですが、屋外のエアロゾルやほとんどの物体の表面はあまり影響を与えていないようです。
  10. マスク。一般人口における布製マスクの有効性についての科学的証拠はまだほとんどないため、マスクの義務化はほとんどの国で流行を食い止めたり遅らせたりすることはできませんでした。不適切に使用された場合、マスクは感染のリスクを高める可能性がある
  11. 子供と学校。インフルエンザとは対照的に、Covid-19の場合、子どもの病気と感染のリスクは非常に低いです。そのため、小学校の閉鎖など、特に小児を対象とした措置をとる医学的な理由はありません。
  12. コンタクトトレーシングの実施2019年のインフルエンザ流行対策に関するWHOの調査では、医療の観点から接触者追跡は「どのような状況でも推奨されない」と結論づけられています。携帯電話のコンタクトトレーシングアプリも、ほとんどの国で失敗しています。
  13. PCR検査である。国際的に使用されているウイルス検査キットは、場合によっては偽陽性や偽陰性の結果を出したり、以前の感染からの非感染性ウイルス断片に反応したりすることがあります。この点では、いわゆるサイクル閾値またはct値が重要なパラメータとなります。
  14. 医療上のミスマネジメント。米国および他のいくつかの国では、疑わしい金銭的インセンティブと不適切なプロトコルのために、一部のCovid-19患者の致命的な医療ミスマネジメントが発生しました。ほとんどの国では、その後、Covid-19による死亡率は大幅に減少している
  15. ロックダウン。WHOは、ロックダウンが「恐ろしい世界的大災害」を引き起こしていると警告しました。国連によると、ロックダウンは16億人の人々の生活を急性の危険にさらし、さらに1億5000万人の子どもたちを貧困に追い込む可能性があります。失業、破産、心理的問題は世界的に記録的なレベルに達している。
  16. スウェーデン。スウェーデンでは、これまでのところ、ロックダウンなしの総死亡率は、インフルエンザが強い季節の範囲内で推移している。スウェーデンの死亡者の70%は、迅速な保護が不十分な老人ホームで発生した。スウェーデンのコビド-19死亡者の年齢中央値は84歳。
  17. メディアの報道。多くのメディアの報道は専門的ではなく、人々の恐怖とパニックを最大化させ、コビド-19の死亡率の大規模な過大評価につながっています。いくつかのメディアは、状況をドラマ化するために操作的な写真やビデオを使用した。
  18. ワクチン。複数の医療専門家は、特急コロナウイルスワクチンはリスクがあるかもしれない と警告しています。実際、例えば2009年のいわゆる豚インフルエンザに対するワクチンは、重度の神経学的損傷の症例や数百万人規模の訴訟につながった。新しいコロナウイルスワクチンの試験でも、重篤な合併症や失敗すでに報告されています。
  19. ウイルスの起源新しいコロナウイルスの起源は不明のままですが、現在のところ最高の証拠は、2012年に中国の鉱山で発生したCovid-19に似た肺炎事件であると考えられており、そのウイルスサンプルは武漢のウイルス学研究所(WIV)によって収集、保管、研究されています。
  20. サーベイランス。NSAの内部告発者エドワード・スノーデン氏は、コビド-19の大流行は、世界的な監視を恒久的に拡大するために利用される可能性があると警告しました。世界のいくつかの部分では、人口は、ドローンによって監視されており、ロックダウンの間、深刻な警察の行き過ぎた行動に直面しています。

も参照してください。

  1. コビド-19の治療について
  2. コビド-19の致死性に関する研究
  3. フェイスマスクの証拠
  4. 急性期後(「長い」)のコビドについて
  5. SARS-CoV-2の起源について

概要図

英語でのさらなる更新。


共有する: Twitter / Facebook

WordPress.com.

Up ↑